Le Rouge et Le Noir

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
使うなら、
たとえ相手がガチ厨パでも負けは許されん。それが600族1体の重みというもの。

一手の痛恨のミスで負けた試合は恥として。


他では負けてないパスが一応出来た。これをもっと使いこなして、高い確率で600族や準伝を総じて狩れるようになれば、面倒な制限は取っ払うかもね。


分からんけど。



とにかく、しばし育成&試運転。放送は待て次回状態ですまんな。

スポンサーサイト
| 未分類 | 00:37 | コメント:0
誰か
支えて…
色々、糸が切れそう。。
| 未分類 | 00:43 | コメント:0
一時代の終わり
それは長く永い時
遠く続く刻の流れに誘われ

終わりなど来ず
永久に続くと思っていた繁栄の都


中央広場の噴水に、
機械仕掛けの電波塔

動かぬ針は、永遠の証


それを囲うかのように
立ち並ぶ数多のゴシックが


さながら黄金の楽園を思わせた


人はそこで笑い、
泣き、怒り、悲しみ、妬み、

そしてまた笑い


人を満喫し、生を楽しんだ




されど、

そうして誰もが疑う事なく
享受してきた数々の恩恵は、




所詮は人が造りし紛いもの・・・


造りものとは、まやかしに過ぎず
人がふと我に返ればたちまちに消え逝くもの




そうして
今日もまた一人


夢から覚めて、現世へ・・・・






さらば友よ



我々は彼女を祝福しよう


翼をその両肩に抱き
未来へと旅立つその者を



心から歓迎し、見送ろう



ノーザンクロスを突っ切って
美しく、力強く舞う白鳥のように


猛る吹雪を乗り越え、
目的の地へと辿り着く事を信じて・・・・
| 未分類 | 22:36 | コメント:0
| ホーム |

プロフィール

Vlad

Author:Vlad

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。